「1型糖尿病訴訟を契機に考える法律問題」

~認定のあり方・理由付記~

 

1型糖尿病訴訟(大阪)弁護団副団長の青木弁護士と、行政法は“皆の幸せのための法律”と説かれる嘉藤先生を講師に迎えて、障害年金と訴訟について理解を深めたいと思います。

 

開催方法:ZOOMによるWEB開催

     ※今回の研究会は、会員に限定して開催します。

日時:2020年10月21日 (水)17時30分~20 時00分

   ※受付開始は17時00分からとなります。

講師・パネリスト(発言予定順、敬称略):

     青木 佳史(弁護士)

     関哉 直人(弁護士、当会事務局長、司会兼任)

     嘉藤 亮(神奈川大学教授 行政法、当会会員)

     安部 敬太(社会保険労務士、当会会員)

     七尾 由美子(社会保険労務士、当会会員)

形式:講義とパネルディスカッション

参加費:2,000 円

定員:90名(今回の参加公募は会員限定となります)

   ※障害年金事件経験のない(少ない)弁護士の参加を大歓迎しています。

参加方法【会員】:MLでお知らせした調整さんの職種別に参加申込みしてください。

         ※定員に達した場合は締め切りますので、参加希望の方はお早めにお申し込みください。

ZOOM利用について:ZOOMの利用については、6月28日配信[nenkin-law:0167]の

          『ZOOM簡単利用ガイド』をご参照ください。

           ※参加に必要なZOOMのURL、ミーティングID、パスワードは

           後日会員MLで配信します。

参加費について:ご案内している振込先に、当日開催前までにお振り込みをお願い致します。

        ※お振込手数料はご負担をお願い致します。

 

参加にあたり配慮が必要な方は、申込の際にメール(s.nenkinlaw@gmail.com)にてご相談ください。 

 

【参加申込み及び相談先】 事務局長 弁護士 関哉 直人
電話 03-5501-2151 FAX 03-5501-2150 Email:s.nenkinlaw@gmail.com